フォントサイズ:
研究者情報

笹山 茂  Shigeru Sasayama

経済学修士 / 教授 / 経済学部 経済学科  

学歴
1976年 慶應義塾大学経済学部卒業
1978年 慶應義塾大学大学院経済学研究科修士課程修了
1981年 慶應義塾大学大学院経済学研究科博士課程単位取得退学
職歴
1982年 熊本商科大学(現熊本学園大学)経済学部講師
1987年 熊本商科大学経済学部助教授
1995年 熊本学園大学経済学部教授(大学名改称による)(現在に至る)
専門分野
国際マクロ経済学
研究課題
・為替レートの理論的と実証的研究
・経済モデルのコンピュータによるシミュレーション
学部教育担当科目
経済学入門
情報処理入門
パソコノミックス
入門セミナー
演習、他
大学院教育担当科目
マクロ経済学特殊研究・演習
経済問題解法特殊研究Ⅱ
マクロ経済学(会計専門職研究科)
論文
発行物 発行物名 著種 雑誌名・巻号 頁数 発行年
論文 経済学教育と LMS:活用と効果分析 『熊本学園大学経済論集』第24巻第1-4 合併号 経済学部開設50周年記念号 2018年3月
論文 メールマガジンで講義を補完 単著 『大学教育と情報』私立大学情報教育協会 Vol.10 No.3 2頁 2002年1月
論文 経済学教育とMathematica 単著 『熊本学園大学経済学部開設30周年記念論文集』17頁 2000年3月
報告書 「県民幸福量の指標化に係る調査」報告書 共著 熊本県企画振興部企画課 16頁 2013年3月
報告書 「県民幸福量を測る指標の作成に係る調査研究」報告書 共著 熊本県企画振興部企画課 11頁 2012年3月
研究ノート 為替レートは安定分布か 単著 『熊本学園大学経済論集』第10巻第3・4合併号 熊本学園大学経済学会 41頁 2004年3月
その他 永井博先生の退職記念号によせて 単著 『熊本学園大学経済論集』第15巻第3・4合併号 熊本学園大学経済学会 2009年3月
その他 ビックマック指数 単著 熊本日日新聞 夕刊 2009年3月2日 2009年3月
その他 レモン 単著 熊本日日新聞 夕刊 2009年3月9日 2009年3月
その他 価格弾力性 単著 熊本日日新聞 夕刊 2009年3月16日 2009年3月
その他 中央値 単著 熊本日日新聞 夕刊 2009年3月23日 2009年3月
その他 経常収支 単著 熊本日日新聞 夕刊 2009年3月30日 2009年3月
その他 限界消費性向 単著 熊本日日新聞 夕刊 2009年2月2日 2009年2月
その他 日本の貯蔵率 単著 熊本日日新聞 夕刊 2009年2月9日 2009年2月
その他 基本の経済データ 単著 熊本日日新聞 夕刊 2009年2月16日 2009年2月
その他 県民所得 低さにとまどい 単著 熊本日日新聞 夕刊 2009年2月23日 2009年2月
その他 36年つづく経済年表 単著 熊本日日新聞 夕刊 2009年1月5日 2009年1月
その他 不況と恐慌 単著 熊本日日新聞 夕刊 2009年1月19日 2009年1月
その他 恐慌シフト 単著 熊本日日新聞 夕刊 2009年1月26日 2009年1月
著書
発行物 発行物名 著種 出版社 頁数 発行年
著書 トリアーデ経済学1 経済学ベーシック 共著 日本評論社 46頁 2014年
著書 グローバリゼーションと日本経済 共著 文眞堂 18頁 2010年
著書 現代経済学のコア 金融(改訂版) 共著 勁草書房 23頁 2009年
著書 いま、学問がおもしろい サテライト講義21講 共著 ミネルヴァ書房 20頁 2008年
著書 日米経済関係論 共著 勁草書店 23頁 2006年
学会発表
学会名 開催場所 発表内容 発表日付
日本国際経済学会 第63回全国大会 慶應義塾大学 為替レートは安定分布か 2004年10月9日
社会活動
1998年10月~ 2010年3月 九州財務局財務モニター
1994年4月~ 日本ファイナンス学会会員(2012年3月迄)
1982年9月~ 金融学会(現在に至る)
1982年9月~ 日本経済学会会員(現在に至る)
1978年9月~ 国際経済学会会員(現在に至る)
所属学会
国際経済学会、日本金融学会、日本経済学会、日本ファイナンス学会
役職
2008年1月1日~ 2009年12月31日 経済学部長
2006年1月1日~ 2007年12月31日 経済学部長
2004年1月1日~ 2005年12月31日 産業経営研究所長
1998年1月1日~ 1999年12月31日 センター長
ホームページ

| ページトップ |