フォントサイズ:
研究者情報

杉本 学  manabu sugimoto

博士(社会学) / 准教授 / 商学部 商学科  

学歴
2002年 名古屋大学大学院文学研究科社会学専攻博士後期課程満期退学
2005年 名古屋大学大学院文学研究科社会学専攻博士(社会学)取得
職歴
2002年 日本学術振興会 特別研究員(PD) (2005年3月まで)
2007年 名古屋大学文学研究科社会学専攻 助教
2008年 熊本学園大学商学部准教授(現在に至る)
専門分野
社会学
研究課題
G・ジンメルの社会学理論
学部教育担当科目
社会学
部落解放論
基礎演習
論文
発行物 発行物名 著種 雑誌名・巻号 頁数 発行年
論文 ジンメルの現在性をめぐって 単著 『社会学研究』87号 東北社会学研究会 85-108 2010年6月
論文 近接性と距離 ―バウマンの道徳論におけるジンメルの援用をめぐって― 単著 『コロキウム―現代社会学理論・新地平―』3号 81-92 2007年4月
論文 ジンメル社会学とグローバル化 ―「社会圏の交差」論を中心に― 単著 『現代社会理論研究』15号、現代社会理論研究会 481-487 2005年10月
訳書 社会学キーコンセプト 共訳 Nick Crossley(西原和久監訳、訳者代表:杉本学、敦基煥、阿部純一郎)新泉社 2008年10月
研究ノート 被差別部落のライフヒストリー -家族3世代の聞き取り- 共著 『社会福祉研究所報』第45号 熊本学園大学付属社会福祉研究所 95-105 2017年3月
著書
発行物 発行物名 著種 出版社 頁数 発行年
著書 ジンメルの論点 共著 徳田剛、杉本学、川本格子、早川洋行、浜日出夫 2018年11月
著書 ジンメル社会学を学ぶ人のために  早川洋行、菅野仁編 世界思想社  85-108 2008年10月
学会発表
学会名 開催場所 発表内容 発表日付
2016年度 ジンメル研究会大会 滋賀大学 ジンメルの文化論・教育論から見た最近の日本の大学教育 2016年9月17日
社会活動
2018年6月~ 熊本市人権教育研究会会長
2014年4月~ ジンメル研究会事務局
2010年6月~ 熊本県部落解放研究会事務局員
所属学会
日本社会学会、日本社会学史学会、日本社会学理論学会
役職
2012年1月1日~ 2014年3月31日 第一部商学科長

| ページトップ |