フォントサイズ:
研究者情報

隈井 泰樹  Yasuki Kumai

博士 / 准教授 / 商学部 商学科  

学歴
1987年 東北大学大学院理学研究科博士後期課程修了
職歴
1997年 熊本学園大学商学部専任講師
1998年 熊本学園大学商学部助教授
2007年 熊本学園大学商学部准教授(職名変更による)(現在に至る)
専門分野
天体物理学
研究課題
・Brightest Cluster Galaxiesとその親銀河団の共形成/進化
・Globular Clusters/Super Star Clusters/Nuclear Star Clustersの形成
学部教育担当科目
自然科学と人間Ⅰ(物理学)
情報処理入門
情報処理(ソフトウェア応用)
基礎演習、他
論文
発行物 発行物名 著種 雑誌名・巻号 頁数 発行年
論文 The dark Matter Halo Structure of “Fossile”Group Candidates 共著 Advances in Space Research,Vol.34,No.12 2525-2529 2004年
論文 A Study of X-ray Overluminous Giant Ellptical Galaxies 共著 “Workshop on Galaxies and Cluster of Galaxies” Japan Society of Promotion of Science 83-86 2003年
論文 The Detection of X-ray Halo beyond Galaxy Scale around NGC 6034:a Naked Central Dominant Galaxy 共著 “New Century of X-ray Astronomy” ASP Confernce Series,Vol.251 484-485 2001年
論文 The Observed Mass Profiles of Dark Halos and the Formation Epoch of Galaxies and Clusters of Galaxies 共著 “New Century of X-ray Astronomy” ASP Conference Series,Vol.251, Astronomical Society of Pacific 2001年
論文 Temperature Map of Abell 3158 共著 “New Century of X-ray Astronomy” ASP Conference Series,Vol.251,Astronomical Society of Pacific 474-475 2001年
学会発表
学会名 開催場所 発表内容 発表日付
日本天文学会2018年秋季大会 兵庫県立大学 姫路工学キャンパス 銀河円盤のabundance gradient と親銀河の性質の関係 2018年9月19日
日本天文学会2017年秋季大会 北海道大学 近傍のHI-deficient galaxiesの観測的性質:統計的研究 2017年9月12日
日本天文学会2017年春季年会 九州大学伊都キャンパス 銀河の性質と分子ガスの中心集中度の関係;統計的研究Ⅱ 2017年3月16日
日本天文学会2016年秋季年会 愛媛大学 銀河中心部の体質量天体と球状星団系の性質の関係Ⅱ.銀河中心核星団 2016年9月14日
日本天文学会2016年春季年会 首都大学東京 銀河の性質と分子ガスの中心集中度の関係;統計的研究 2016年3月14日
日本天文学会2015年秋季年会 甲南大学 銀河中心部の大質量天体と球状星団系の性質の関係 2015年9月10日
日本天文学会2015年春季年会 大阪大学 銀河中心部の大質量天体と親銀河の性質の関係に関する統計的研究 2015年3月18日
日本天文学会2014年春季年会 国際基督教大学 銀河円盤の外縁部構造への環境効果Ⅱ 2014年3月20日
日本天文学会2013年秋季年会 東北大学 銀河円盤の外部構造への環境効果 2013年9月11日
日本天文学会2013年春季年会 埼玉大学 銀河のInner Truncated Discの統計的性質Ⅱ.バー構造とガス 2013年3月21日
日本天文学会2012年秋季年会 大分大学旦野原キャンパス 銀河のInner Truncated Diskの統計的性質 2012年9月19日
日本天文学会2012年春季年会 龍谷大学 早期型銀河の中心部構造と観測的諸性質の関係に関する統計的研究Ⅱ 2012年3月22日
日本天文学会2011年秋季年会 鹿児島大学 早期型銀河の中心部構造と観測的諸性質の関係に関する統計的研究 2011年9月21日
日本天文学会2010年秋季年会 金沢大学 銀河団とBrightest Cluster Galaxiesの整列:親銀河団の統計的性質 2010年9月24日
日本天文学会2010年春季年会 広島大学 Brightest Cluster Galaxiesの統計的性質Ⅱ:親銀河団の性質との相関 2010年3月25日
日本天文学会2009秋季年会 山口大学 Brightest cluster galaxiesの統計的性質 2009年9月14日
社会活動
2002年10月~ 天文教育普及研究会 会員(現在に至る)
1997年4月~ アメリカ天文学会 正会員(現在に至る)
1996年1月~ 国際天文連合(International Astronomical Union; IAU)正会員(現在に至る)
1978年6月~ 日本天文学会 会員 (平成9年4月から正会員)(現在に至る)
所属学会
日本天文学会、アメリカ天文学会、国際天文学連合(IAU)
助成関係
助成区分 課題名 助成期間 助成額
行政(国・地方自治体) 科学研究費補助金基盤研究(C)(2)「統計的手法による大質量星団形成の研究」(課題番号1450231) 2002年4月~ 2004年3月

| ページトップ |