フォントサイズ:
研究者情報

吉田 良夫  Yoshio Yoshida

博士(文学) / 教授 / 外国語学部 英米学科  

学歴
1973年 関西大学文学部英文学科卒業
1975年 関西大学大学院文学研究科英文学専攻修士課程修了(文学修士)
1978年 関西大学大学院文学研究科英文学専攻博士課程単位取得満期退学
2003年 博士(文学)の学位授与
職歴
1979年 熊本短期大学(現熊本学園大学)専任講師(英語担当)
1987年 英国ハル大学文学部英文学科客員研究員(~1988年7月)
1989年 熊本短期大学教授
1994年 熊本学園大学外国語学部教授(大学名改称による)(現在に至る)
1996年 合衆国モンタナ州立大学交換教授(~1997年7月)
専門分野
英文学
研究課題
英国の女流作家を主たる研究分野としている。J.オースティンの小説を数年研究した後、ヴァージニア・ウルフの作品を内的な「ヴィジョン」と「表現」の問題を中心に数年間読み、これは、『ヴァ-ジニア・ウルフ論―ヴィジョンと表現』というタイトルで上梓することができた。次にブロンテ姉妹、ジョージ・エリオットなどの女流作家をへて、今はキャサリン・マンスフィールドの作品を研究している。幸い、これらの研究をまとめることができ、2004年2月に『英国女性作家の世界』という書名で出版された。
学部教育担当科目
英文学概論
英米文学購読
イギリス事情
専門演習
大学院教育担当科目
イギリス文学特殊研究・演習
イギリス文学特殊講義・研究指導
論文
発行物 発行物名 著種 雑誌名・巻号 頁数 発行年
論文 「幸福」のアイロニーと色彩をめぐって 単著 『海外事情研究』第39巻第1号(通巻78号) 熊本学園大学付属海外事情研究所 15-26 2011年9月
論文 満たされざる『空白』―ヴァージニア・ウルフ『波』論― 単著 『海外事情研究』第34巻第1号(通巻68号) 熊本学園大学付属海外事情研究所 79-92 2006年9月
論文 『アグネス・グレイ』論―遺恨とロマンス― 単著 『熊本学園大学 文学・言語学論集』』第9巻第1号(通巻第17号)宮内俊介先生追悼号 196-178 2002年6月
論文 「人形の家」論―ランプの象徴をめぐって― 単著 『熊本学園大学 文学・言語学論集』第7巻第1号(通巻13号) 136-122 2000年6月
研究ノート ジョージ・エリオットの足跡を訪ねて 単著 『熊本学園大学 文学・言語学論集』第14巻第2号(通巻第28号) 2007年12月
著書
発行物 発行物名 著種 出版社 頁数 発行年
著書 英国女性作家の世界 単著 大阪教育図書 -305 2004年2月
社会活動
2001年4月~ 関西大学英語学研究会会員(現在に至る)
1984年4月~ 日本ヴァージニア・ウルフ協会会員(現在に至る)
1975年4月~ 日本英文学会会員(現在に至る)
2014年11月 高大連携の一環として、熊本県立大津高等学校で『イギリス文学』についての講演を行った(11月13日) 
所属学会
日本英文学会、日本ヴァージニア・ウルフ協会、関西大学英文学研究会
役職
2018年8月1日~ 2020年3月31日 副学長
2016年8月1日~ 2019年7月31日 理事・評議員兼務
2016年4月1日~ 2018年3月31日 高大連携センター長
2016年1月1日~ 2018年3月31日 副学長
2014年8月1日~ 2016年7月31日 熊本学園理事
2008年4月1日~ 2010年7月31日 熊本学園理事
2008年1月1日~ 2008年3月31日 大学院国際文化研究科長
2006年1月1日~ 2008年12月31日 大学院研究科長
2004年1月1日~ 2005年12月31日 外国語学部長
2002年1月1日~ 2003年12月31日 外国語学部長
2000年1月1日~ 2001年12月31日 センター長
1998年4月1日~ 2016年7月31日 熊本学園評議員
資格免許
中学校教諭一級普通免許 外国語(英語)
高等学校教諭一級普通免許 外国語(英語)

| ページトップ |