フォントサイズ:
研究者情報

大澤 武司  Takeshi Osawa

博士(政治学) / 教授 / 外国語学部 東アジア学科  

学歴
1996年 中央大学法学部法律学科卒業
2000年 埼玉大学教養学部卒業
2002年 中央大学大学院総合政策研究科博士前期課程修了
2006年 中央大学大学院法学研究科博士後期課程政治学専攻修了
2006年 博士(政治学) 中央大学法甲第49号
職歴
2004年 (独)日本学術振興会特別研究員(DC2)(~2006年3月)
2007年 中央大学法学部・経済学部兼任講師(~2008年3月)
2007年 北京大学歴史系客員研究員(~2007年10月)
2007年 慶應義塾大学法学部准訪問研究員(~2008年3月)
2007年 (独)日本学術振興会特別研究員(PD)(~2008年3月)
2008年 熊本学園大学外国語学部専任講師(~2009年12月)
2010年 熊本学園大学外国語学部准教授(~2017年9月)
2014年 熊本学園大学外国語学部東アジア学科長(現在に至る)
2017年 熊本学園大学外国語学部教授(現在に至る)
2017年 中国・清華大学日本研究センター客員研究員(現在に至る)
専門分野
近現代日中関係・現代中国外交
研究課題
現代中国の対日外交・現代中国の統戦外交
学部教育担当科目
国際社会と日本
東洋史概論
中国近代史・中国現代史
国際社会と日本
中国概説
現代中国と世界
海外事情研修
専門演習(中国)
卒業論文指導(中国)
大学院教育担当科目
東アジア(中国)地域特殊文化研究Ⅰ
論文
発行物 発行物名 著種 雑誌名・巻号 頁数 発行年
論文 「以民促官」「半官半民」の舞台裏―現代中国の対日政策機構の原型 単著 日本現代中国学会『現代中国』第88号 2014年9月
論文 「闘争支援」と「経済外交」―戦後日中関係における「断絶」再考 『現代中国研究』第27号 中国現代史研究会 2010年10月
論文 戦後処理と歴史認識―中国外交部档案にみる残留孤児問題 『近きにありて』第56号 中国現代史研究会 2009年12月
論文 東西冷戦と引揚問題―未帰還者問題をめぐる国際政治の構図― 単著 『海外事情研究』第37巻第1号 熊本学園大学付属海外事情研究所 99-116 2009年9月
論文 「人民の義憤」を超えて―中華人民共和国の対日戦犯政策 『軍事史学』第44巻第3号 軍事史学会 2008年12月
論文 周恩来与対日本戦犯的処理政策 『中共党史研究』総第124期 中共中央党史研究室 2008年7月
論文 戦後東アジア地域秩序の再編と中国残留日本人の発生―「送還」と「留用」のはざまで 『政策文化総合研究所年報』第10号 中央大学 2007年10月
論文 幻の日本人「戦犯」釈放計画と周恩来―中華人民共和国外交部档案をてがかりに 『中国研究月報』第712号 中国研究所 2007年6月
論文 中共党史的発展与胡喬木 共著 『中共党史資料』第94輯 中共中央党史研究室・中央档案館 2005年
論文 中共党史の展開と胡喬木―『中国共産党的三十年』から『中国共産党的七十年』へ 共著 『上智史学』第49号 上智大学史学会 2004年11月
論文 在華邦人引揚問題をめぐる戦後日中関係―日中民間交渉における「三団体方式」を中心として 『アジア研究』第49巻第3号 アジア政経学会 2003年7月
論文 在華日本人『戦犯』の帰国―天津協定成立の経緯とその意義 『社会科学研究所研究年報』第7号 中央大学 2003年6月
論文 蒋介石訪日をめぐる『田中外交』の分岐-『九・一八』への一里塚 『季刊中国』第66号 2001年9月
論文 東三省幟実行と日中関係の変転(1927-1929年)―『黙認』をめぐる一考察 『中央大学大学院研究年報』<総合政策研究科編>第4号 2001年2月
資料集 『戦後日中交流年誌(全17巻)』第2回配本 監修 ゆまに書房 2016年6月
資料集 『戦後日中交流年誌(全17巻)』第1回配本 監修 ゆまに書房 2015年11月
論説 『毛沢東の対日戦犯裁判』から戦後日中関係を考える 単著 国際善隣協会『善隣』第480号 2017年6月
論説 「新井利男の仕事」を「受け継ぐ」ということ―中国の対日戦犯処理研究の最前線 単著 『季刊中帰連』第60号 2016年8月
論説 外地からの完全なる日本人「排除」を目指して―世紀の引揚プロジェクト 単著 『歴史読本』第890号 2013年8月
論説 中国残留日本人留用者の帰還 単著 国際善隣協会『善隣』第430号 2013年4月
論説 戦後日中「民間外交」研究の諸相 単著 中国現代史研究会『現代中国研究』第24号 2009年3月
論説 政熱経熱を夢見た男からの警鐘―巴商事・櫻井英雄の歴史的意義 単著 中国帰還者連絡会『季刊中帰連』第35号 2006年12月
調査研究 中華人民共和国外交部画档案公開の現段階―「規定」の変更・運用厳格化と閲覧制限について― 『海外事情研究』第41巻第1号 調査研究シリーズ101 熊本学園大学付属海外事情研究所 2013年9月
書評 伊東秀子著『父の遺言―戦争は人間を「狂気」にする』 単著 『季論21』第35号 2017年12月
書評 書評―陳激『民間漁業協定と日中関係』(汲古書院、2014年) 単著 中国研究所『中国研究月報』第817号 2016年3月
書評 書評―緻密に編まれた玄奘「霊骨」の『東遊記』 単著 広島史学研究会『史學研究』第286号 2014年12月
書評 書評―文革期中国の対日政策機構を読む―『王泰平日記』の史料的価値 単著 東方書店『東方』第388号 2013年6月
書評 書評―馬場公彦『戦後日本人の中国像』(新曜社、2010年) 単著 日本現代中国学会『現代中国』第85号 2011年9月
書評 紹介―山本有造編『満洲―記憶と歴史』(京都大学学術出版会、2007年) 単著 『歴史評論』第695号 2008年3月
書評 書評―殷燕軍『日中講和の研究―戦後日中関係の原点』(柏書房、2007年) 単著 日本歴史学会『日本歴史』第720号 2008年3月
書評 書評―王偉彬著『中国と日本の外交政策―1950年代を中心にみた国交正常化のプロセス』 単著 中国研究所『中国研究月報』第680号 2004年10月
書評 批評と紹介―李恩民著『中日民間経済外交(1945-1972)』 単著 東洋文庫『東洋学報』第84巻第4号 2003年3月
著書
発行物 発行物名 著種 出版社 頁数 発行年
著書 『毛沢東の対日戦犯裁判―中国共産党の思惑と1526名の日本人』 単著 中央公論新社(中公新書2406) 2016年11月
著書 Trials for International Crimes in Asia 共著 Cambridge University Press 2016年5月
著書 『挑戦する満洲研究―地域・民族・時間』 共著 一般財団法人国際善隣協会 2015年12月
著書 『満洲国を動かした謎の人脈』 共著 株式会社KADOKAWA 2015年8月
著書 『戦後日中関係と廖承志―中国の知日派と対日政策』 共著 王雪萍編著・慶應義塾大学出版会 2013年9月
著書 『大日本帝国の崩壊と引揚・復員』 共著 増田弘編著・慶應義塾大学出版会 2012年11月
著書 『日中関係史1972-2012Ⅰ政治』 共著 高原明生・服部龍二編・東京大学出版会 2012年10月
著書 『現代中国外交の六十年―変化と持続』 共著 添谷芳秀編著・慶應義塾大学出版会 2011年3月
著書 『1945年の歴史認識―<終戦>をめぐる日中対話の試み』  共著 劉傑・川島真編・東京大学出版会 2009年3月
著書 『東アジア共同体の可能性 日中関係の再検討』 共著 佐藤東洋士・李恩民編・御茶の水書房 2006年7月
学会発表
学会名 開催場所 発表内容 発表日付
「中共渡し」の選考に関する一試論―第39師団のシベリア抑留過程をてがかりに 愛知大学 日本現代中国学会全国学術大会 2017年10月
77記念事業 コスメイト行橋 毛沢東の対日戦犯裁判と戦後の日中関係 2017年7月9日
1960年代中国の対日政策と知日派―『戦後中日関係口述史』をてがかりとして 神奈川大学 日本現代中国学会全国学術大会 2014年10月
現代中国の「知日派」の高碕認識―中国外交部档案にみるその高碕達之助像 東洋食品工業短期大学 高碕達之助没後50周年記念シンポジウム 2014年9月
2014年度 日本現代中国学会西日本部会研究集会 西南学院大学 『以民促官』『半官半民』の舞台裏―建国初期中国の対日政策機構と廖承志  2014年6月14日
第13回三田現中沙龍~日本発条株式会社寄付事業~ 慶應義塾大学 三田キャンパス 日中関係の変転と中国外交部档案-档案公開から現在まで- 2014年2月21日
中国当代史研究 第2回ワークショップ 京都大学 建国初期中国的対日政策機構 2013年12月8日
戦後日中関係史研究会第1回研究会 東京大学 建国初期中国の対日政策機構 2013年11月9日
2013年度日本現代中国学会西日本部会研究集会 福岡大学 中国外交部档案公開の現段階-「規定」の変更・適用厳格化と閲覧制限について 2013年5月25日
「第4回新しい世代が見た満州」 公開フォーラム 東京 国際善隣協会 残留日本人留者用と戦犯の帰還 2013年2月20日
廖承志研究会第9回研究会 東京大学駒場キャンパス 日本人引揚と廖承志 2012年11月17日
第8回廖承志研究会 東京大学駒場キャンパス 廖承志関連档案・文献に関する覚書 2012年5月20日
廖承志研究会 香川大学 廖承志と中国の民間外交-北京中国外交部調査報告を中心に- 2011年12月27日
日本現代中国学会第61回全国学術大会 近畿大学 戦後日中民間人道外交と廖承志集団―中国外交部档案浅析 2011年10月23日
中央大学日中関係発展研究センター第6回研究会 中央大学 建国初期中国外交と日本-「不正常な状態」の内実をめぐって 2011年7月22日
第3回廖承志研究会 東京大学 ①廖承志集団と残留日本人の引き上げ問題 ②廖承志集団と日本人戦犯問題処理 2011年6月18日
「プランゲ文庫と東アジア」研究会 神奈川大学箱根保養所 前期集団引揚の「ソ連引揚」について 2011年2月28日
中国と日本の関係に関する合同セミナー 中央大学多摩キャンパス 日中関係をめぐる国際環境-日本からの視点- 2010年11月20日
中国現代史研究会 2010年総会・研究集会 ホテルクライトン新大阪 「人民外交」と「外交経験」-建国初期中国の対日外交を中心に- 2010年3月27日
日本現代中国学会西日本部会2008年度春季研究集会 九州大学 中華人民共和国の対日戦犯政策-内政と外交のはざまで 2008年5月17日
「終戦と帰郷-戦後日中関係の出発」論文検討会 笹川平和財団大会議室 「ヒト」の移動と国家の論理-後期集団引揚の本質と中国残留日本人の固定- 2008年4月5日
社会活動
2017年12月~ 清華大学日本研究センター客員研究員
2014年10月~ 2016年9月 日本現代中国学会常任理事(西日本部会代表)
2012年10月~ 2014年9月 日本現代中国学会常任理事(広報委員長)
2012年9月~ 「日中外交はこうして始まった」NHKスペシャル(2012年9月30日放送)製作協力
2012年9月~ 日本現代中国学会理事
2012年4月~ 清華大学日本研究センター「清華孫文塾」事務局顧問
2009年4月~ 清華大学日本研究センター運営活動に参画
2008年12月~ 「引き揚げはこうして実現した―旧満州・葫藘島への道」NHKスペシャル(2008年12月8日放映)製作協力
2006年8月~ 「日中は歴史にどう向きあえばいいのか」NHKスペシャル(2006年8月14日放映)製作協力
2003年4月~ 清華大学日本研究センター設立準備活動に参画
所属学会
日本国際政治学会会員、アジア政経学会会員、日本現代中国学会会員(理事・常任理事(広報委員長)2012年~2014年)・常任理事(西日本部会代表)2014年~2016年)、日本台湾学会会員
助成関係
助成区分 課題名 助成期間 助成額
行政(国・地方自治体) 【基盤研究(C)】 現代中国の統戦外交と戦犯処理に関する基礎研究 ―台湾統一・少数民族工作と寛大方針― 2017年4月~ 2019年3月
民間企業 【三菱財団研究助成】建国初期中国外交と日中海洋権益問題 2013年10月~
行政(国・地方自治体) 【科学研究費補助金若手研究(A)】1960年代中国の冷戦外交と日本 ―対日外交経験の積み上げと脱「革命外交」の研究― 2013年4月~
行政(国・地方自治体) 【科学研究費補助金若手研究(B)】建国初期の中国の対日戦後処理 ―戦後日中新秩序(72年体制)構築に関する研究― 2010年4月~ 2012年3月
行政(国・地方自治体) 【科学研究費補助金基盤研究(B)】第二次大戦の終結による日本帝国解体過程の基盤的研究 ―復員・引揚・賠償・慰霊の観点から― 2009年4月~ 2012年3月
行政(国・地方自治体) 【科学研究費補助金基盤研究(B)】中国の政策決定過程モデルの再構築 ―エリート主義モデルと多元主義モデルの共棲可能性の模索― 2009年4月~ 2012年3月
行政(国・地方自治体) 【若手研究(スタートアップ)】建国初期中国の冷戦外交と日本 一「戦後日中民間人道外交」における理念と戦略― 2008年4月~ 2009年3月 ¥3,341,000
行政(国・地方自治体) 【科学研究費補助金・特別研究員(PD)奨励費】建国初期中国の冷戦外交と日本 ―「戦後日中民間人道外交」における理念と戦略― 2007年4月~ 2008年3月
その他 【人間文化研究機構・現代中国地域研究・研究拠点】慶應義塾大学東アジア研究所現代中国研究センター研究プロジェクト(第3班「中国をめぐる東アジア国際関係」) 2007年4月~
行政(国・地方自治体) 【科学研究費補助金・特別研究員(DC2)奨励費】戦後中国の対日政策 ―「積み上げ」戦略における「理念」と「戦略」 ― 2004年4月~ 2006年3月
役職
2018年4月1日~ 2020年3月31日 海外事情研究所長
2016年4月1日~ 2018年3月31日 東アジア学科長
2014年4月1日~ 2016年3月31日 東アジア学科長
資格免許

| ページトップ |