フォントサイズ:
研究者情報

カーク・マスデン  Masden Kirk

学術博士 / 准教授 / 経済学部 経済学科  

学歴
2004年 熊本大学大学院科学研究科修了(環境共生科学専攻博士後期課程)
2005年 博士(学術)の学位取得 (熊本大学、乙博学第16号)
職歴
1991年 熊本商科大学経済学部講師
1994年 熊本学園大学経済学部講師(大学名改称による)
2001年 熊本学園大学経済学部助教授
2007年 熊本学園大学経済学部准教授(職名変更による)(現在に至る)
専門分野
比較文化
研究課題
北原白秋、ナショナリズム
学部教育担当科目
比較文化論
アメリカ文化論
入門セミナー
INTERNATIONAL RELATIONS AND CURRENT ISSUES
演習、他
論文
発行物 発行物名 著種 雑誌名・巻号 頁数 発行年
その他 音楽と語学と私 単著 『熊々論々』第2号 学校法人 熊本学園 熊本学園大学 学術文化部 58-87 2012年10月
その他 水俣病の歴史 美化し宣伝か 単著 熊本日日新聞、朝刊、2012年10月 23日 2012年10月
その他 主張提言 バスの情報検索可能に 単著 熊本日日新聞、朝刊、2012年7月 31日 2012年7月
その他 海外メディアを通じて見た東日本大震災 単著 社会福祉研究所の情報誌『わたしたちの福祉』 2011年6月
その他 進行中の水銀汚染 単著 社会福祉研究所の情報誌『わたしたちの福祉』 2008年7月
著書
発行物 発行物名 著種 出版社 頁数 発行年
著書 Kumamoto General Union vs. the Prefectural University of Kumamoto: Reviewing the Decision Rendered by the Kumamoto District Court 単著 Native-Speakerism in Japan: Intergroup Dynamics in Foreign Language Education, Multilingual Matters, Stephanie Ann Houghton and Damian J. Rivers, eds. 42-59 2013年1月
著書 アメリカ人はなぜ銃を規制しないのか―比較文化論の視点から考える (Ⅴ-20を担当) 単著 サテライト講義〈21講〉-いま,学問がおもしろい-熊本学園大学経済学部編 ミネルヴァ書房 2008年6月
学会発表
学会名 開催場所 発表内容 発表日付
2nd International Symposium on Native-Speakerism 佐賀大学 From Grammer Translation to Communicative Language Teaching and Back Again: A Look at Effects of Native-Speakerism as Practiced at the Prefectural University of Kumamoto 2014年9月30日
社会活動
2008年~ 2011年 熊本放送で「番組審議会」委員
1999年~ Kumamoto International(ネットワーク)を運営(現在に至る)
所属学会
日本音響学会
役職
2016年4月1日~ 2018年3月31日 国際交流委員長
2014年4月1日~ 2016年3月31日 国際交流委員長
2006年1月1日~ 2007年12月31日 国際経済学科長
2000年1月1日~ 2001年12月31日 海外事情研究所長
1998年1月1日~ 1999年12月31日 海外事情研究所長

| ページトップ |